髭脱毛と髭剃り、どっちがお得?

剃刀

青髭で悩んでいる人が、一度は髭脱毛しようかどうか悩んだことがあると思います。

悩むレベルまでいかなくても、髭脱毛したいなと思ったことがあると思います。

髭剃りし続ける場合と、髭脱毛した場合、将来的にどちらが、金銭的にも、お肌にとっても、優しいのかとお伝えします。

結論

結論から言いますと、髭脱毛してしまったほうが、トータルで見るとお得です。

私の場合、損得というよりも、青髭で、かなり悩んでいましたので、医療レーザー脱毛をしました。

今になってみると、青髭がなくなりましたし、剃刀まけすることもなくなり、朝の髭剃りも2、3日に1回になりました。

髭剃りしても、何回も剃る必要はなく、1回で剃ることができるようになりました。

髭脱毛と髭剃りし続けた時の金額の差

まず、髭脱毛の場合

私は、湘南美容外科クリニックの根こそぎレーザー脱毛を受けています。

脱毛している部位は、鼻下の口ひげ、アゴ、アゴ下、ほっぺたの4ヶ所です。

金額は13万円くらいでした。

13万円支払えば、髭は無くなるのです。かなり投資だと思います。

次に、髭剃りし続けた場合

私がかつて使っていた、髭剃り用のジレットを参考にしてみたいと思います。

ジレットの髭剃りは、2,000円くらいでした。

そして、ジレット5枚刃は、8個入りで、3,000円程度です。

私の場合、髭が濃かったので、すぐ刃がダメになっていたので、2週間に1回、刃を変えていました。

ということは、

1ヶ月に2つのジレット5枚刃を使います。

4ヶ月で8個入り(3,000円)が使い切ります。

12ヶ月(1年間)で、刃だけで9,000円を刃だけで使い切ります。

また、シェービングは、私の場合、ちょっと高めのシッカリとした保湿もしてくれるシェービングを仕様していました。

シェービングは2,500円のものを使っておりまして、1年で2本(5,000円)使っていました。

 

つまり、

 

1年間で、14,000円を髭剃りだけに使っていたのです。

 

結果、

 

10年で、14万円

20年で、28万円

30年で、42万円

もかかってしまう計算になります。

まとめ

以上の話をまとめると、髭脱毛は、13万円、髭を剃り続けると数十万円かかることが分かります。

髭脱毛の場合、約10年間で、元が取れるという計算になります。

人は、生きている以上、髭は絶対に生え続けますので、今生えているものが、30年後生えてこなくなるということは、限りなくゼロに近いのです。

肌に与える影響

髭脱毛の場合

医療レーザー脱毛で、一瞬強い熱を加えます。なので、一時的に、お肌に刺激を与えるのは間違いありません。しかし、一瞬です。

医療レーザーは、黒いもの(メラニン色素)にだけ反応するようになっていますので、髭を薄くする・永久脱毛するのに最適なのです。

髭剃りし続ける場合

髭剃りしていて、カミソリ負けしたことのない人は、ほぼいないと思います。髭が濃い人なら、誰でも一度は経験があると思います。

ということは、毎日毎日、お肌に刺激を与えていることになるのです。

だから、お肌がボロボロになり、肌の水分が蒸発しないように守っている肌の表面まで削ってしまうのです。だから、男性の肌は乾燥しやすいのです。

しかも、毎日毎日、お肌に刺激を与え続けると、色素沈着と言ってシミや黒ずみが出来たりします。例えば、毎日剃って剃刀負けし続けると、その傷があとに残ることもあります。

まとめ

髭脱毛はお肌に一時的に強い刺激を与える。髭剃りは半永久的に弱い刺激を与え続ける。

お肌にとって優しいのは、前者だと思います。

髭脱毛するなら速いほうがいい

私の実体験から、あなたに言えることは、髭脱毛するならできるだけ速いほうがいいということです。

その理由は、金銭的な部分もありますが、何よりも楽です。

朝、髭剃する時間もなくなり、剃刀負けすることも口周りが赤くなるなこともなくなるので、顔がきれいになります。

髭脱毛することで、人生が変わると言っても過言ではないと思います。

他にも私のサイトでは髭脱毛した経過写真や、実体験を赤裸々に語っていますので、時間が許す限り見ていってください。